Column

コラム

2020.05.21豊富に選べる指輪の色で、
自分らしく輝く

2020.05.21豊富に選べる指輪の色で、
自分らしく輝く

グリーンゴールドやグレーゴールドも!地金は6色のカラーを用意

結婚指輪や婚約指輪に使われる地金のカラーでよく知られているのは、イエローゴールドやホワイトゴールドやピンクゴールド。

 

国産のジュエリーは、主にこの中から選ぶことが多いのですが、ドイツ生まれのアクレードはカラーだけでなんと6色も。世界的なブランドだからこそ、さまざまな国の人の肌に合う多彩な地金を用意しています。日本ではピンクゴールドと呼ばれている地金も、アクレードではロゼとレッドの2色から選ぶことができるなど、6色あれば自分の肌にぴったりの色が見つかりやすく、珍しい地金の色をセレクトして個性を出すことも可能。ふたりの婚約指輪 結婚指輪にぴったりの色はどんな色? オーダーメイドでふたりらしさを叶えるだけでなく、カラーでもふたりらしさを演出できるアクレードの結婚指輪。

 

それぞれの特色や仕上がりの印象など、こだわりの世界をご紹介します。

 

知的な輝きを放つ、グレーゴールド

ひと目で知的さ、クールな美しさが伝わってくるグレーゴールド。輝きに派手さはないけれども、隠れた本物感が伝わってくる地金。人と違うゴールドを身につけたい方にもきっと満足していただける色味です。

 

爽やかな白さが光る、ホワイトゴールド

whitegold.jpg金にパラジウムや銀などを混ぜたホワイトゴールド。特有の白い輝きが、指をきれいに引き立ててくれます。ダイヤモンドの輝きにも馴染む色合いなので、宝石と地金の一体感が味わえるのも魅力。純白、清楚さなど、日本人には特別な意味合いを持つ「白」が強調された、人気の高い地金です。

 

 

優しい光沢感が魅力、レッドゴールド

redgold.jpg
ピンクゴールドとも呼ばれ、近年女性から絶大な支持を集めるレッドゴールド。銅の比率が高いため程よい赤みがかった色味で、柔らかい光沢感と優しい雰囲気が感じられます。日本人には肌馴染みがよく、男性がつけても大人っぽい雰囲気に仕上げることができるので、ふたりでレッドゴールドの地金でそろえても素敵です。

 

 

王道の良さに心惹かれる、イエローゴールド

yellowgold_re.jpg欧米では、結婚指輪といえばイエローゴールドが定番。暖かみのある色合いで、日常的につけるにも馴染みやすく、またドレスアップしたときにもゴールドの華やかさが映える、どんなシーンにも合う万能なカラー。婚約指輪と合わせれば、ゴージャス感も高まります。他のゴールド同様、イエローゴールドも耐久性が高く、傷がつきにくいメリットも。

 

 

  

品格あふれる輝き、グリーンゴールド

カラーゴールドの中でもあまりに耳にしたことがない、グリーンゴールド。名前の素敵な響きにも惹かれますが、その独特の輝きにも注目が集まっています。華やかさよりもシックな色味と言えますが、加工次第では全く違う表情に仕上がるのも特徴。おすすめはマーブル加工。さまざまな角度からグリーンゴールドの光が放たれ、見事な美しさを表現。似たものはどこにもない、唯一無二の結婚指輪が完成すること間違いなし。

 

  

大人の落ち着き、ロゼゴールド

rosegold_re.jpgレッドゴールドとイエローゴールドのちょうど中間にあるような色味のロゼゴールド。大人の女性の手に美しく馴染み、落ち着きのある色味なので指輪に慣れていない男性も抵抗なく身につけることができます。

 

2色カラーのコンビで指輪をもっと華やかに

これらのカラーを2色組み合わせてコンビの指輪に仕上げることもできますし、内側と外側の色味を変えてデザインするのも特別感が高まります。アクレードのリングデザインシステムを使えば、同じデザインでカラー違いの状態を簡単に画像でシュミレーションできます。カラーごとに価格がどう変わるのかも瞬時に表示されるので、予算に合わせてカラーを選び直すことも可能です。具体的にイメージできる画像を見ながらふたりらしいカラーをセレクトしてください。

※地金の特定の成分にアレルギーのある方は、対応した指輪をつくることもできるのでご相談ください。(成分によりできかねる場合もございます)。

 

 

【この記事もおすすめ】

column6_link.jpg

2020.06.05 | 実は、相場より安い? フルオーダーメイドの結婚指輪

column5_link.jpg

2020.06.05 | ブランドで? デザインで? 後悔しない、結婚指輪の選び方

 

<一覧に戻る