Report

体験レポート

Report

Vol.2
泉二啓太さん銀座もとじ 二代目

体験レポート 泉二啓太さん 体験レポート 泉二啓太さん

オーダーメイドだから
着物のように粋なこだわりを
実現できるのがうれしい

リングデザインシステムを使えば、ウェブ上で結婚指輪 婚約指輪をオーダーメイドできる「アクレード」。「1本の糸から、一人ひとりと。」をブランドコンセプトに着物や和装小物を販売している「銀座もとじ」の二代目、泉二啓太さんに、リングデザインシステムを体験していただきました。

着物のように経年美化していく結婚指輪を選びたい

結婚指輪に求める理想のデザインはありますか?

泉二着物は三世代で使うもの、と言われていますが、結婚指輪も永く使うものですよね。理想としては、人生とともに"経年美化"していくといいなと思っています。アクレードはWEB上でデザインできるのが面白くて、実は昨日もずっと家で試していたんです。あっという間に1、2時間は経ってしまいますね。プライベートでは洋服に合わせてアクセサリーをすることもありますが、仕事で着物を着るときはあまりつけません。でも結婚指輪はフォーマルなシーンでつけるだろうと思い、今日はちょっとドレッシーな着物を着てきました。鏡を見ながらサンプルをつけてみたら、「着物にはマットな質感でシルバーの色味がさりげなくていい」「予想よりも細い幅のほうが自分の手には似合う」ということがわかり、いつか買うときのシミュレーションになりました(笑)



report_space_1.jpg

デザインの仕上げはプロフェッショナルの力を借りて

オーダーメイドはいかがでしたか?

泉二着物も反物を選ぶところからのオーダーメイドなのですが、悩むことはほぼありません。ところが結婚指輪となると、想いがこもるからか決めるのが難しい。テクスチャーや色味、エッジの微妙な違いでイメージががらりと変わるので、選択肢の多さに頭を抱えてしまいました。そんなとき、リングアドバイザーの方にアドバイスいただくと、自分の欲しいものが明確になっていく。「プロの意見って助かるな」と実感しました。リングの外側と内側の色を変えることもできると聞きました。見えないところにこだわり、という点は、着物の「裏勝り」と言われる羽織の裏地のような感覚で粋だなと思います。

report_motoji_2.jpg





Profile

泉二啓太

1984年生まれ。「銀座もとじ」二代目。高校卒業後、ロンドンの大学でファッションを学ぶ。卒業後パリへ渡り、2008年に帰国。2009年から「銀座もとじ」に入社。「着物をワードローブの一つの選択肢に」、「着物に関わる仕事が憧れられる職業に」その夢を叶えるため、店舗での接客をはじめ、日本全国の産地・作家を自ら訪れオリジナル商品の開発や、お客様参加型の着物づくりの企画運営、次世代に向けて日本の手仕事や着物の魅力を伝えるワークショップを開催するなど、着物文化を国内外に広める活動を精力的に行っている。
銀座もとじ 公式インスタグラム(@ginza_motoji)、泉二啓太インスタグラム(@keitamotoji

Webサイト :
https://www.motoji.co.jp

Recommend Contents

あなたにおすすめのコンテンツ