ストーリー

指輪をつくる前、多くのお客様が漠然と持っているデザインや材質、お色のイメージ。
おふたりのストーリーを私たちに共有していただいている間に出てくる様々なアイデア。
それらを目の前でリングデザインシステムを見てもらいながら、おふたりの"こだわり"をリアルタイムにつくっていく。

ご注文を頂いた後、「届くのが楽しみ!早く着けたい!」
ずっと着けていても、「手になじむから違和感がない。」
そう思っていただけるacredoの指輪づくり。

#Story02 - 人気の「オーダーメイド」結婚指輪 手作りおすすめ事例

「他の人と被らない結婚指輪にしたい!」

そういった強いメッセージを持って、ご来店されたおふたりでした。

他ブランドも見て回ったが、どうもおふたりにとってはシンプルすぎたご様子。
他の人と被ってしまうと面白くないとのこと。
とはいえ「オーダーメイド=高い」というイメージから、お店選びは難航していたようです。

「オーダーメイドの指輪作りってどういうものですか?」

当社の『リングデザインシステム』を使いながらご説明させていただきました。

アクレード(acredo)の店舗で、オーダーメイドで結婚指輪を手作りできる「リングデザインシステム」。いくつかの結婚指輪の形状パターンから、お二人に最適なポイントを絞り込みます。

話すことで気づく、自分の中の自分

お話を聞いている中で、おふたりが結婚指輪を選ぶ上での特に大切なポイントが2つに絞られていきました。

  1. 他の人と被らない個性を出したい
  2. 自分で作り上げていく感覚を大事にしたい

ご本人たちも「確かにその通り!」と非常に納得したご様子。
当社のセミオーダーメイドの指輪づくりとそのこだわりがマッチした瞬間でした。

そのまま最初のベースデザインを選ぶ段階へ。
種類は多いですが、おふたりの中でとりわけ目を引くものがあったご様子でスッとお選びいただきました。

それもそのはず。
まとまったお休みには離島へ行き、大自然と海を感じるのが大好きなおふたり。
そんなおふたりにとって、
デザインとリング名、リングに込められたストーリーに
とても共感されたようでした。

お二人が選ばれた「Beach(ビーチ)」。大自然と海を感じるのが大好きなお二人ならではの、オーダーメイド結婚指輪に仕上がりました。
選択された指輪のベースデザイン
指輪名
Beach
デザインNo
A-12UDID-BD7-1TVNF2Z
A-12UDID-BD7

イエローゴールドが砂浜を、グレーゴールドが海を、ウェーブ状に連なるダイヤモンドのきらめきは波しぶきを表現。寄せては返す波のように、この愛も途切れることなく永遠に続きますようにとの願いも込められています。

"ぼんやり"を形にする喜び

次はリングにアレンジを加える段階。
男性のお客様はスパッと決められたご様子でしたが、女性のお客様はここからが大変。

「石の色やリングの幅とか、決めれる箇所と選択肢が多い!非常に悩ましい!」
それから「私、優柔不断なんです。。。」と困った表情。

「ご納得いただけるまで何でもご相談ください。絶対に妥協してはいけません!」
私の言葉に少し表情が緩まれたご様子。

そこからたくさんの相談と試行錯誤を経て、ご納得できるアレンジに辿り着きました。
デザインとアレンジを決めきった女性のお客様のご納得された表情を見て、
私も嬉しくなってしまいました。

「もしゼロから作るオーダーメイドだったら、決めるまで1ヶ月かかってたかもね(笑)
納得して決められて良かったね。」と
優しく冗談を言う男性のお客様がとても印象的でした。

個性が反映された結婚指輪をはめて記念撮影をされたお二人。acredo(アクレード)の結婚指輪オーダーメイドシステムが、スムーズにご要望にお応えするきっかけになりました。ご希望に添えられて私たちも嬉しいです。

「頭の中にあったぼんやりとしたイメージが形になりました。」

ご注文をされた後のおふたりは、とても清々しい表情でした。
個性的だけどペア感のある、おふたりのこだわりの詰まった
素敵な指輪に仕上がりました。

ご納得いただけるまで悩んでいただきました。

時間がかかることで、一番もどかしく思ったのはご本人だったと思います。
わたしたちの一言で、少しでも考えがまとまるのであれば、喜んでお手伝いさせいただきます。

ずっと気持ちよく使っていただける。
指輪見るたび、指輪をつくった今日という日を思い出せる。
これから積み重ねていくストーリーの最初の1ページを共有できて、私たちも幸せです。

他のストーリーを読む

acredo(アクレード)お取扱店舗はこちら