ストーリー

今回ご紹介するストーリーは、W様ご夫妻の物語。

結婚式で永遠を誓った海外ブランドの結婚指輪(マリッジリング)を大切にしていらっしゃるおふたりですが、このたびはお揃いのオーダーメイドアニバーサリーリングをご希望でアクレード銀座にご来店されました。

結婚指輪と同じく、永く身につけていただける特別なリングがご提案できるように。

まずは、おふたりとの会話や雰囲気から、お気に召していただけそうなデザインを探ることから始まります。

アニバーサリーリングには、遊び心や個性を

ご希望のデザインが叶うのが、オーダーメイドリングの魅力。

とはいえ、最初から仕上がりのイメージを持ってご来店される方は少なく、W様ご夫妻も同じく「デザインはまだ白紙」とのことでした。

こういった時こそ、リングアドバイザーの腕が試されます。
カウンセリングのなかで、多くのデザインサンプルや過去の完成デザインをご覧いただきながら、デザインを絞っていきます。
そして、「シンプルな結婚指輪とは少し毛色が違った、他ではあまり見られないようなリングがいい」

というご希望から、『マーブル』と『カーボン』の鍛造リングをご提案させていただきました。

涌井様2.JPG

マーブルリングとは、元々日本にある『木目金』という技術をアレンジしたもの。
色の違う金属が織りなす複雑な模様が特徴です。
そしてカーボンとは、漆黒の色味とテクスチャーがユニークなドイツ発の新素材。
落ち着いた雰囲気で、大人のカップルに好まれるデザインです。

奥様が、
「マーブルの模様は、ひとつとして同じものがないっていうのがいいよね」
とおっしゃると、

ご主人も、
「この有機的な模様とか、サファリっぽいネイチャー感もいいな」
と、どんどん仕上がりのイメージへ近づいていきます。

最終的に、シンプルなペアリングにはない個性が決め手となり、デザインはマーブルに決定。

ベースとなるカラーはそれぞれ違うものをチョイスし、ペアリングでありながら、
細かいディティールはおふたりの好みが取り入れられています。

似たところも違うところもやさしく受け入れられるのは、長く連れ添った関係だからこそなのでしょうか。
「素敵だね」と、言葉少なめにお互いのデザインを讃えあうおふたりの様子から、そんなことを感じました。


その指輪をもっと「特別なもの」にするお手伝い

アクレード銀座のサービスの中でも、最先端のレーザー技術による刻印は多くのお客様にご好評をいただいております。
W様ご夫妻が指輪の内側に刻まれたのは、尊敬する方の手書きによる「100年愛」という言葉。
一生よりも永く共に......という気持ちが込められた、とても素敵な刻印に。
カリグラファーの手描きによるカリグラフィーカードには、100年愛というワードからヒントを得て
「ETERNAL BOND(永遠の絆)」というメッセージを添えさせていただきました。

そして迎えた、お受け取りの日。
ご夫妻に完成した指輪を確認していただきます。
おふたりはリングの完成度の高さに感動されたご様子で、立ち会った私たちスタッフも幸せな瞬間でした。
実際に指輪を身につけていただいたあとは、店内のフォトスポットにて記念撮影。

「ETERNAL BOND」のメッセージやおふたりの結婚式のお写真をバックに、
少し照れながらも終始嬉しそうなご夫妻のお姿が印象的でした。

涌井様5.jpg

普段はなかなか伝えきれない感謝と労りの気持ちを込めた、オーダーメイドリング。
永遠の愛を再確認した証として、おふたりの指に永く輝き続けてくれるでしょう。

acredo_web_Marriage_pair_newmoku_767_fin (1).jpg
元になったサンプルリングはこちら

他のストーリーを読む

acredo(アクレード)お取扱店舗はこちら